乳酸菌にダイエットを促進させる効果が期待できるのは腸内環境が改善されるからで、新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼しやすくなります。腸内を酸性に保つ酸を作り出す役割があり、腸内が酸性になると善玉菌が増えます。便秘を解消することができるので、ダイエット効果が期待できます。腸内で消化吸収がうまく行われず、未消化のまま残ってしまうのが便秘で、便秘になると内臓脂肪や皮下脂肪が付きやすくなります。便秘はダイエットの敵ですが、乳酸菌を摂ると便秘が解消されるので代謝がアップしてダイエット効果が高まります。



乳酸菌で新陳代謝が活発になるのは便秘解消だけでなく、体内の活性酸素が除去されることも関係しています。健康と美容のすべての敵となるのが活性酸素で、体の老化の原因になります。ストレスをためていると活性酸素が増えるので、ストレスは万病の元と言われています。乳酸菌には高い抗酸化作用があるので、活性酸素を除去することが可能です。活性酸素が除去されると新陳代謝が活発になるので、ダイエットに効果を発揮してくれます。



乳酸菌がダイエットに効果的なのは確かですが、勘違いしてはならないのは、摂取したからと言って、どんどん痩せるわけではないことです。飲むことで痩せやすくなるのは確かですが、それだけで痩せるわけではなく、痩せやすい体をつくるためには運動が必要です。


スポンサーリンク