酵素ドリンクとレッドスムージーはどちらも便秘の解消や美肌効果、そしてダイエットにも良いという事で特に女性に人気の飲み物です。この二つの違いは何かというと、両方とも野菜や果物を使用しているということでは一緒ですが、酵素ドリンクは野菜や果物にさらに野草や海草エキス等を抽出して発酵させているので酵素量はスムージーと比べても多いのが特徴です。



また、乳酸菌などの善玉菌がたくさん入っているのでスムージーと比べても便秘解消効果やダイエット効果も高く、野菜不足を補う為に飲むというよりは、酵素を体内に取り入れて健康な体内環境にする事が期待出来ます。



酵素ドリンクは新陳代謝が上がる事によって便秘が解消したり、美肌効果があったり、冷え性改善効果も期待できますが、飲み方のアレンジ方法はスムージーと比べると少なく、多少の発酵臭もあり、値段も高いところがネックです。それでも酵素ドリンクには100種類以上の野菜や果物が入っており、手間もかからずに健康効果が期待できるところは大きなメリットです。



一方レッドスムージーは、ベータカロチンを含む人参などの赤色野菜やポリフェノールを含むリンゴなどの果物を皮ごとミキサーでかけて作るスムージーなので、野菜不足を補う事が出来、野菜の栄養分を体内に吸収させる事が出来ます。特に赤色野菜には紫外線から皮膚を守ってくれる効果もあり、ビタミンCを含むものも多いので、美肌やアンチエイジング効果も期待出来ます。スムージーは飲むと満腹感があり、腹持ちが良いので、ゆっくりとしたダイエット効果を求める人は酵素ドリンクよりもスムージーを飲むと良いです。



レッドスムージーは酵素ドリンクと比べて大きな健康効果をもたらすわけではありませんが、自分の体調に合わせて好きな野菜や果物を選んで作る事が出来るのは大きなメリットです。


スポンサーリンク