チアシードは海外のセレブや有名人が注目し、美容・健康・ダイエットなど様々な目的で食べられるようになり広まった食品です。基本的に水で戻してヨーグルトやシリアルに混ぜて食べる、と言う食べ方が一般的ですが、一番のおすすめは水に浸して戻してから、ジュースやスムージーといった飲み物に混ぜる食べ方です。



ジュースやスムージーに混ぜるメリットは、手軽で目的ごとの食べ方をしやすい事。ヨーグルトやシリアルに混ぜると必然的に噛むことになるので、チアシードの栄養をしっかり吸収できますが、チアシードはダイエット効果があるもののカロリーがやや高い食品です。そこで噛まずに飲むことで、栄養を摂取しにくくなる代わりにカロリーの摂取も抑えることができます。食物繊維豊富な粒がそのまま胃に届くので、満腹感が残りやすく、特に置き換えダイエットのスムージーにいれると、抜群の腹持ちになります。噛まずに飲むのはダイエットを目的としてチアシードを摂取する人に向いた食べ方です。



勿論噛んでから飲み込めば、栄養を充分に吸収しやすくなるので、美容や健康のためでも問題ありません。そう言った目的の人には、他の食品に混ぜて食べるよりもまとめて口に入れ、まとめて噛み砕いて飲み込めるので手軽にチアシードを摂取できる食べ方と言えるでしょう。



ただし、飲み物に混ぜるのが手軽で簡単な食べ方といっても、チアシードは有効成分が熱に弱く、冷たすぎる液体に浸しても戻りにくい性質があります。なので熱いお茶などに入れて飲むと効果が薄れますし、冷たいジュースやどろっとしたスムージーで戻そうとすると、上手く戻りきらない可能性があります。戻りきっていないチアシードを摂取すると、体内で戻って膨らんでしまい、それが原因で腸が詰まり、便秘になる恐れもあるので、常温の水でしっかりと戻してから、冷たいジュースやスムージーに混ぜましょう。


スポンサーリンク