美容や健康を気にしている方であれば知っている言葉だと思いますが、最近スーパーフードと呼ばれるものが流行っています。



スーパーフードとは栄養バランスに優れているだけではなく栄養価も高く健康成分が目立つものと定義されているそうです。またサプリメントでもなく食品でもないような存在でもあり、一般的な食事の中に加えて食べるといった取り方が多いです。



そんなスーパーフードの種類と効果ですが、一般的に知られているのがアサイー、キヌア、チアシード、ヘンプなどがあります。定義から考えれば味噌や納豆も当てはまると言われています。



そして気になる効果ですが、それぞれはのスーパーフードによって異なっており、アサイーはポリフェノールであるアントシアニンが含まれていますので老化によく、チアシードは食物繊維が多く含んでいますので便通を良くしたい時や食べる量を調整したい時にも用いられます。



このようにスーパーフードは健康のために良い新しい食材とも言えるものなのです。


スーパーフードとは何?



スーパーフードとは、一般的に栄養価が通常の食品よりも高く、摂取した時のメリットが大きい食べ物のことを総称してそう呼びます。これらの食べ物の存在が何を意味するかと言えば、それは有益な生活をもたらすということに他なりません。



同じ食品を摂ると考えても、摂取できる栄養素が豊富な分スーパーフードの方が効率もよく、より効果的な栄養の摂取となり生活の質を向上させることに貢献してくれると考えることができます。料理の食材として考える側面と健康食品として考える側面の2つの要素があると言われているこのスーパーフードですが、食材として考えることができるという側面から、レシピの工夫などでより幅広い食生活へつながることが期待できます。



チアシードやアサイー、スピルリナなどがスーパーフードの代表格として有名ですが、これらを効率的に用いていくことでより楽しく、より健康に、といった生活が可能になると言えるでしょう。


スポンサーリンク